2003年05月18日

少年王者舘KUDAN Project「真夜中の弥次さん喜多さん」

 伊勢参りの旅をする弥次さん喜多さん。ある宿で、夢とも現実ともつかない不思議なやりとりが繰り広げられる。
 5/1に観たSheep fucker's exitと同じ天野天街が演出(今回は脚本も)を手がけており、すると延々繰り返される不条理な反復が彼の特徴だろうか。面白いけど少し疲れました。役者の熱演ぶりは拍手です。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。