2003年06月07日

劇団あおきりみかん「ときはかねなり」

 妹の結婚に伴って家を出ることにした現介は、引っ越し準備中に突然段ボールの中に吸い込まれる。出てくるとそこには結婚をやめると行って飛び出す妹がいたが、それは少しだけ未来の世界だった‥‥。
 今と未来と過去が交錯する物語の中で役者はそれぞれの自分を演じるわけですが、ぎりぎりで自分とすれ違う時の早変わりは見事でした。かなり体力勝負な舞台でしたが、熱演に拍手。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック