2003年10月25日

ジャブジャブサーキット「裸の劇場」

 取り壊し間近の劇場を借りて上演された二つの芝居。そこには、ある人物にまつわる謎がこめられていた。
 奇しくも先週と同様に演劇を題材とした演劇だったが、こちらはさすがに巧かった。使った会場に合わせて書かれた脚本は、現実と虚構の境目をあいまいにして作品世界へと引き込む。さりげなく演じられた劇中劇はやがてミステリーにつながり、なんとも心地よいエンディングまで一気だった。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。