2003年10月26日

夢空間プロジェクト「LAST FESTIVAL」

 幕末の志士、明治の文豪、未来からのタイムトラベラー。時代を越えて出会った彼らが、愛と信念とご先祖様のためにぶつかりあう。
 若い役者ばかりで老人役まで演じるのは大変そうだが、夏目漱石役はうまかった。それ以上に、夏目鏡子役は抜きんでて良かったと思う。全体としてはややまとまりに欠ける感があり、ラストのエピソードは長すぎる。最近こういう時代物が増えてきた気がするが、流行か?


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。