2003年11月29日

劇団茶茶丸「桃源の丘」

 「天使が住む街」と呼ばれる大都市エデン。最高の文明を誇るこの街の医師であるルシフルはある日、エデンの外で“未開人”の娘と会ったことで人生が変わり始める。
 題材としては文明批判が込められているようにも見えるが、実際どうなのかわからない。展開はわかりやすく素直だが意外性には乏しく、中盤でやや間延びした印象も受けた。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。