2003年11月30日

劇団創造「チャットルームへようこそ」

 チャットの相手が突然自分の部屋にやってきて、そのまま居座ってしまう。起床の荒い先輩や思い込みの激しい女を巻き込んで騒動は広がるばかりだったが‥‥
 「気まま生活が侵入者によってかきまわされ、最初は迷惑だったけど次第に情が移っていく」というパターンは使い古されている。それでも陳腐にならないのは、作家と演出と役者の技量によるものだろう。丁寧に作られた作品で良かった。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。