2003年12月07日

独房女子更衣室「装甲天女」

 生まれたばかりの守護神候補生。一人前になるために、担当する人間をピンチから救わなくてはならないという。しかし、恋してはいけないその人間に一目惚れしてしまい、結ばれるべく大奮闘! 身分(?)違いの恋の行方は。
 コテコテのラブストーリーと絢爛豪華な衣装で、少女マンガ芝居ここに極まるといった感。ラストまさかそう来るとは。ただ大道具が少ないためか舞台が閑散とした印象になりがちだったのが惜しい。今回は山口仁美の怪演ぶりが印象的だった。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック