2004年07月11日

劇*コトノス「我等の騎士と錬金術師」

劇*コトノス
「我等の騎士と錬金術師」
スタジオ・座・ウィークエンド
04/07/10-11
作・演出:アイウカオ
出演:河井千恵/西口貴之/小川裕子/河野佑三子/SA-JI/穐山すずか


 処刑台から生まれたあやかしの少年が、喋る鳥キカに招かれて女錬金術師ロコのもとで暮らし始める。彼の姿が見えるのは、ロコとキカだけ。ヤズミンと名付けられた彼は、いつか自分を人間にしてくれたら彼女の騎士になると誓うが・・・。

 中世ヨーロッパをイメージしたファンタジー調の物語。こういう設定は下手に凝った演出をすると滑稽になるが、控え目でよくまとまっていた。舞台装置は3つの木箱と背景の柵だけだが質感が良く、衣装もシンプルながら各キャラクターのイメージにピッタリで雰囲気が出ていた。

 ただ、物語は微妙。少年の正体やロコの秘密は結局はっきりしないままだし、吟遊詩人はどういう存在なのかわからない。思わせぶりな雰囲気だけで真実は特にないという可能性もあるが、そうではない気がする。あと2回くらい観れば納得できるかもしれないのだが、消化不良気味。

 錬金術師を演じた河井千恵が良かった。彼女の出演作は過去に少なくとも3回は観ているはずなんだが、あまり印象に残っていない。今回は役に恵まれたからかもしれないが、次回作も観たいと思わせる出来だった。


posted by #10 at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 友人が言うには某漫画(アニメ?)を連想せざるを得ないタイトルらしいが、内容は全然違ったそうだ。
 タイトルに我等の騎士とあるが全然「我等の」という感じがしなかった、つまりヤズミンというキャラクターに共感できる部分が少ないため、目立ったのはロコだけという形になってしまったのではと思う。
 魔女狩りで変わり者の女性が殺されてしまったというストーリーにとどまってしまったようでどうにも釈然としない。
Posted by しおこんぶ。 at 2004年07月25日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック