2004年07月10日

R−シアター「ジャンク・サロメ」

R−シアター
「ジャンク・サロメ」
千種文化小劇場
04/07/08-11
原作:オスカー・ワイルド『サロメ』
脚色・演出:齋藤敏明
出演:服部廉/水谷友子/村松優子/へば/田中美和/伊藤希/あおい/小澤廣司/中林俊介/稚伊菜緒/大塚峰春/佐藤智之/松本勝憲/林美和/岡田祥子/南雲栄作/井上亮司/じゅん/鎌塚由起子


 ユダヤのエロド王は、一人の預言者を幽閉していた。ローマからの客をもてなす宴の晩、兄から奪った妃エロディアスの連れ子である王女サロメに踊りを望んだ王は、踊れば何でも与えると誓う。そして見事な舞踏を見せたサロメが望んだものは・・・。

 古典に現代風のアレンジを加えた作品だが、基本的な筋は原作通り。“正統派”のサロメを観たことはないので比較できないが、この作品のサロメはある意味現実味がある。美女で王女で王から溺愛される彼女は、無邪気に捨てて、無邪気に望む。悪意も執着もなくただ好きなように振る舞い、命を奪う。その素直な狂い方がじわじわと伝わる舞台だった。

 多少、役者のレベルにバラつきを感じたが、サロメ役の村松優子とヨカナーン役のへばは鬼気迫るものがあった。


posted by #10 at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私も原作のサロメは知らないのですが素直に面白かった。個人的に好きなストーリー。
 やはり古典っていうのは良く出来ているので、現代風にアレンジして上演してもらえるのはとても楽しみです。

 とにかく村松さんが凄かった!少女が徐々に女性へと変貌を遂げ狂っていく様は見事でした。あと水谷さんも迫力のある演技で舞台に緊張感をもたらしていたと思います。
Posted by しおこんぶ。 at 2004年07月25日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック