2004年06月27日

劇団離風霊船「渚家にて」

劇団離風霊船
「渚家にて」
西文化小劇場
04/06/25-27
作・演出:大橋泰彦
出演:伊東由美子/松戸俊二/山岸涼子/小林裕忠/相川倫子/倉林恵美/橋本直樹/大迫径/江頭一晃/新垣友美/竹下知雄/澤田恵/神谷麻衣子/津谷知子/瀬戸純哉/大矢敦子/中村ノゾム/鈴木紀江


 某国で武装勢力に誘拐された8人の日本人男女。彼らを救出するため、なぜか北海道警と警視庁から秘密裏に部隊が送り込まれる。しかしそこにはすでに武装勢力の姿はなかた。元人質が日本に帰らない理由と、救出部隊の真の目的は・・・。

 イラクの日本人人質事件と「渚にて」という映画をモチーフにした作品。映画のほうは見ていないのでわからないが、人質事件を知らない人はいないだろう。この事件はまだ完全には終わっていないので、観客はそれぞれ自分の持っていた心情と照らし合わせながら観ていたと思う。

 観客にも色々な人がいるので、時事ネタを芝居で扱うのは勇気がいることだ。あまりひとつの主張が前面に出すぎると、うんざりさせられる場合もある。しかし今回は色々な意味でバランスよく作られており、最後まで飽きさせない内容だった。荒唐無稽ともいえる設定でほどよく現実味を薄れさせ、それでも要所では間違いなく現実を思い出させる。結末もよく工夫されていた。

 離風霊船は東京から遠征してくるにも関わらず、毎回大掛かりな舞台装置で驚かされる。名古屋の劇団はどちらかというとシンプルな装置を上手に使うのを好む傾向があるように感じる。七ツ寺クラスの劇場ならあまり装置に凝ると逆に息苦しいが、文化小劇場レベルの空間を使う場合はこのくらいしてもらった方が嬉しい。


posted by #10 at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この作品は上演のタイミングがよかった。今まさに起こっていることを題材にして公演したことに敬意を表する。で、自衛隊ではなく警察が助けにいくところや北海道警と警視庁との確執などは風刺が利いていて良かった。現場にいる人間と周りにいる人間とのギャップや価値観の違いなどもよく描かれていた。
 ただ、国に対する思いというか望郷の念が随分小さい気がした。故郷に二度と返らないと決意するのは容易ではないと思うし、もっと葛藤があっても良かったのではと感じた。
 個人的には女優陣のやたらと上手い「ピーポくんのうた」にハマッた。なんでそんなにうまいねん!真顔で練習している姿を想像するだけでも笑えた。
Posted by しおこんぶ。 at 2004年07月25日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック