2004年01月26日

七ツ寺プロデュース「XCOW XICOカフェイン/036ウォーター」

七ツ寺プロデュース公演
「XCOW XICOカフェイン/036ウォーター」
七ツ寺共同スタジオ
04/01/22-26
作・演出:スエヒロケイスケ
出演:時田和典/ヨコヤマ茂美/永野昌也/池野和典/古川聖二/茂手木桜子


 時代は2001年、舞台は怪しい老人ホーム。いかにもやばそうな社長と外国人従業員をはじめ、それぞれ強烈な個性を持つ6人が毒々しい「ハードフル・ワールド」を繰り広げる。

 ハードフル・ワールドとはパンフレットにあった表現だが、まさにそうだった。ハートフルならぬハードフル。

 普通の生活では接することのない、でも実在するかもしれない場所と出来事。少しずつ狂気を帯びてくる展開に、観ている最中はドキドキする。失うもののない彼らが激しくぶつかりあう様は強烈な印象を与える。しかし観客はそこから何を受け取れば良いのだろうか。

 描かれているのは、憧れるような生活ではない。教訓的な勧善懲悪でもない。現実の出来事に対する主張も感じられない。雰囲気重視にしては美しくない。悲劇というほど泣けないし、喜劇というほど笑えない。作者はこの作品で、観客に何を与えるつもりだったのだろうか。感情移入できる登場人物が見当たらない物語を、どんな視点で見ろと言いたかったのだろうか。

 好意的に解釈するなら、ボロボロの状況から這い上がろうと努力している人々を描いた悲喜劇と言えるかもしれない。しかしそれならラストはどういう意味なのか。正直、ラストは「え、これで終わり?」と拍子抜けせざるを得なかった。

 個々のシーンには面白いものも多々あった。笑い所も少なくはない。話に破綻もない。役者のレベルは高く、しかも相当なエネルギーを費やしているのが伝わってくる。つまりどこが悪いとも言えないのだが、強いて言うなら、高度な芝居に観客が置き去りにされたような気がするのだ。


posted by #10 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽して儲けるために社会的には間違った努力を一生懸命やっていたり、社会に貢献する活動をしているのに同じ活動をしているもの同士で対抗意識を燃やしたりと世の中の矛盾というか不純が描き出されていて、「ギャンブラーは楽して儲けるために必至になって勉強している」っていうのとなんだか似てる。

だけどそれが間違っているなんてだれが決めた?何処がいけない?登場人物はみんな幸せになろうとしているだけだ。
価値観が変われば悪いことも良いことに変わる、世の中の価値観なんて人によってコロコロ変わる。何が正しくて何がいけないのか。とそんな感じで考えれば考えるほど深みに嵌っていく作品で、哲学的っぽいとでもいうんでしょうか。
考えすぎですかね私は。

あまり難しく考えなくても楽しめる部分も多いのですが、意外と暗いというか重たいテーマがある感じがします。
Posted by しおこんぶ。 at 2004年01月29日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。