2011年07月29日

劇団鹿殺し「岸家の夏」

kisikenonatu.jpg

「本日をもって、婚活終了いたしました。」
ある日、長女夕子が三指をついた。
 柔道場で生まれ育った岸家三姉妹。
      ──朝子・陽子・夕子
人生に迷い疲れ立ち向かう、
  三姉妹の勇姿をバカバカしくも
    ロックに歌い上げる夏の新作。
昨年度岸田國士戯曲賞
  最終候補作ノミネート後、
     初のおバカ二都市ツアー。
(チラシより)

 鹿殺しの作品はこれまで観た限りでは「情熱的だけど色々ダメな野郎ども」が主役で女性はマドンナ的に描かれることが多かったと思いますが、今回は「夏の女優祭り」とサブタイトルが付いているように、完全に女性が主役になっています。しかし女性でもやっぱりダメな主人公達。アラフォーで婚活に失敗して、酒に飲まれて乱痴気騒ぎ。それでもただ真っ直ぐでひたむきな性格が染みる。

 青山円形劇場で当日券だったため、席の位置は一番端っこに近く、舞台をほぼ真横から見る形になりました。お世辞にも見やすい位置ではありませんでしたが、わからなくなるほどでもなく十分楽しめました。

 実は大阪で観た鹿殺しはあれほどやかましいロックな舞台にも関わらず途中で眠くなることがあったのですが、今回は全然そんなこともなく、最初から最後まで食い入るように観られました。テーマ的に感じる所があったからかもしれません。

2011/07/29-19:00
劇団鹿殺し「岸家の夏」
青山円形劇場/当日券4500円
作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士/オレノグラフィティ
出演:菜月チョビ/丸尾丸一郎/オレノグラフィティ/山岸門人/橘輝/円山チカ/傳田うに/坂本けこ美/山口加菜/谷山知宏/千葉雅子/峯村リエ/水野伽奈子/鷺沼恵美子/浅野康之/峰ゆとり/江古田邦子/近藤茶
舞台監督:野口毅
舞台美術:加藤まゆこ
照明:黒尾芳昭
音響:鏑木知宏/末谷あずさ
演出助手:福本朝子
衣裳:赤穂美咲/山田麻子/阿部浩子
宣伝写真:江森康之
宣伝ヘアメイク:阿波連大竜/諸星聡子
舞台撮影:彩高堂
舞台写真:和田咲子
WEBデザイン:牧野謙
フライヤー&グッズデザイン:入交星士
制作協力:SUI
制作:高橋戦車


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。