2011年05月07日

feblaboプロデュース「Dressing」

Let us only,without Dressing!
<このレタスには何も付けずにお召し上がりください>

 小さなガールズバーに、新しい女の子がやってくる。六本木や銀座の店でバリバリ働いていたという新人は、その店のナンバーワンと言われる女の子に勝負を挑むが、本当の挑戦相手は別の所にいた‥‥

 出演者全員女性という華やかな舞台ながら、女性同士のいろんな黒いものが見え隠れして、ハラハラしつつ楽しめる作品。実際のその世界がどんな雰囲気なのか知りませんが、いかにもありそうな話でした。

 エビス駅前バーはしばしば舞台として使われるが、本物のバーでもあり、終演後は軽く一杯飲んでから帰宅。というか観劇前からワンドリンクでビールを頂いていました。飲食禁止な劇場が多いけれど、こういうスタイルの公演ももっとあっていいと思います。

2011/05/07-18:00
feblaboプロデュース「Dressing」
エビス駅前バー/前売券2400円
脚本:米内山陽子
演出:池田智哉
出演:朝倉亮子/岡田まりあ/鈴木アメリ/だてあずみ。/中谷真由美/根本沙織/細井里佳/ほか


posted by #10 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。