2006年06月21日

アクションクラブ「サニーサイドウォーク プラスI」

 江戸時代、お家騒動を治めるために刺客として雇われた腕自慢の浪人たちと、彼らを取り巻く市井の人々。お城の中で練られた陰謀で裏切り裏切られる武士達の争いが、朴訥に生きる庶民を巻き込んでいく。

 アクションクラブというとスーツアクター(仮面ライダー等の中に入ってアクションする人)のイメージが強かったのですが、この舞台のアクションは殺陣。さすがに上手な人は綺麗に決まりますので見ていても気持ち良いです。

 脚本はマキノノゾミが1999年に書いたものらしいですが、全体にゴチャゴチャ感がありました。場を引き締められる役者が舞台にいる時は良いのですが、そうでない時は緩んだ空気になっています。演出の緩急もあるでしょうが、役者の力量が揃っていない印象です。

 また、本編後の「プラスI」の部分は今公演独自の演出のようですが、お祭り騒ぎのようなテンションが続き、夜9時を過ぎてから見るのは疲れました。

2006/06/21-19:00
アクションクラブ「サニーサイドウォーク プラスI」
名古屋市北文化小劇場/当日券3000円
脚本:マキノノゾミ
演出:杉本明朗
出演:杉本明朗/長谷川聖/脇山烈/上條哲治/近藤つどい/澤田丈志/久川徳明/上原健司/長谷川咲/伊藤優衣歌/貞方秀紀/湯浅一平/井上真吾/藤田修平/長尾武典/小川大和/麻倉涼子/下村早苗/来々舞子/大屋愉快/松井美里/近藤絵理/小谷友香/あだち・ボンゴレ・ち絵/青木泰代/蜜夜れおん/栗木美穂/中島文香/西川佐紀子/藤元英樹


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。