2011年04月30日

とくお組「雲をつかむような冒険」

kumowotukamu.jpg

SOS
というほどのことでもないが、
何か温かい物があれば、分けてくれないだろうか。
与圧機器が壊れて、水が三十度で沸騰してしまうようになった。
ラーメンを食べようにも、ぬるくてたまらないのだ。
すまない、途中からくちゃくちゃになった。
もう一度最初から打ってくれないか。
(チラシより)

 飛行艇に乗る、海賊ならぬ空賊の話。でも根っからの悪者ではないメンバーばかりで、結局何も奪えずほとんど空を漂流するように飛んでいる。帰ったらどうしようか。そこにやってくる小型機のパイロットは、どうも怪しい・・・

 とくお組を観るのは3回目。典型的な脱力系コメディで、ゆるーく笑える時間を過ごすのにちょうどいい。今回は前の2回ほど大笑いする所は少なかったが、それでも要所要所でいい感じのボケた成り行きが楽しめた。北川仁さんはいつもちょっと悪い人の役どころだが、あの顔のせいだろうか。

 余計なことを考えずに身を任せて良いタイプのお芝居。

2011/04/30-19:00
とくお組「雲をつかむような冒険」
駅前劇場/当日券3800円
作・演出:徳尾浩司
出演:篠崎友/北川仁/堀田尋史/鈴木規史/柴田洋佑/本折智史/徳尾浩司
舞台監督:藤田有紀彦
美術:泉真
照明:小坂章人
音響:斎藤裕喜
衣装:戸所泰子
宣伝美術:飯塚美江
制作:関根明日子/安藤幸子/大山なつき/菊池廣平/佐藤仁美/佐藤摩耶/小林水樹
製作:ナカシマタカシ


posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。