2006年06月03日

とくお組「成層圏で仕事も遊びも。〜恋も〜」

 いきなり死んでしまった主人公。天国行きか地獄行きかを決める場所で、なぜか職員に雇われて使われる羽目に。というか雇うために死なされたと死って憤慨するが、さらに追加で雇われ(殺され)た変人のアルピニストや信長の生まれ変わりというカブトムシと共に、地獄から這い上がってきた凶悪犯と対峙する。

 前作で腹がよじれるほど笑わせてもらったので期待しながら観劇した。あらすじは適当。基本的にナンセンスコメディで、おおまかなストーリーはあるがどちらかというとその場のノリの連鎖で綴られていく。

 今回はややギャグがすべることが多かったものの、それでも十分に楽しめた。前作同様とても嫌な奴を演じた北川仁と、変なアルピニストを演じた永塚健太郎が良かった。素かな?

2006/06/03-19:00
とくお組「成層圏で仕事も遊びも。〜恋も〜」
シアターグリーンエリア171/当日券2500円
作・演出:徳尾浩司
出演:篠崎友/永塚健太郎/岡野勇/北川仁/スズキ規史/堀田尋史/柴田洋佑


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。