2011年01月15日

悪い芝居「キョム!」

kyomu.jpg

「あーあ、棄てられる前に逃げればよかった!」
(チラシより)

 悪い芝居は常に演劇の枠を突き破ろうとしているように見える。今回もまた「やっちまった」感にあふれた舞台だった。設定を簡単に言えば、「劇場に寝泊りしているホームレスとそこに集まる高校生などが、自分たちに起きた事件──ある仲間の死──を社会に伝えるために企画した演劇」というものだ。

 単なる劇中劇ではない。劇と劇中劇の境界線がぼんやりしているため、現実と劇の境界線まであいまいになり、客席を飲み込もうとしてくる。ぎっしり雑然と詰め込まれた舞台装置は視覚的情報量が多すぎて、これまた圧倒される。入り組んだ構造は、自分がどこまでちゃんと観れているのかわからなくなる。恐らく見落としている部分や気づかなかった意味も多々あるだろう。観客として相当に気力を消耗する作品だった。

 この作品が好きか嫌いかと問われたら、嫌いだと答える。私が芝居に求めているものとは違うからだ。こんな風に疲れるために劇場へ行くわけではない。しかし強いインパクトがあることは否定しない。この劇団がこのまま挑戦を続けたら将来どんな作品が飛び出してくるか、楽しみではある。

2011/01/15-15:00
悪い芝居「キョム!」
駅前劇場/前売券2500円
作・演出:山崎彬
出演:植田順平/大川原瑞穂/進野大輔/西岡未央/山崎彬/浅田奈緒子/池川貴清/太田綾香/大原渉平/北川大輔/谷井佳輔/名越未央/宗岡ルリ
舞台監督:大鹿展明
美術:東野麻美
照明:西崎浩造
照明操作:中島美沙希
音響:中野千弘
衣裳:小柴友美恵
衣裳補佐:西岡未央
小道具:進野大輔
Web:植田順平/中栄遊子/宗岡ルリ
宣伝美術:植田順平/山崎彬
写真:山口真由子
モデル少年:田村冴
広報:渡邊真
記録・配信:野々村洋輔
演出助手:本間広大/梅田眞千子
制作:有田小乃美/梅田眞千子/大川原瑞穂/平原佳恵
制作協力:小林みほ[大阪公演]/塩田友克[東京公演]


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック