2010年12月25日

miel(ミエル)「こ こ  ち   り」

kokochiri.jpg


 7人の作家が戯曲を提供し、7人の役者が演じる。ミステリアスな物語もあればダンス要素が強いパフォーマンスもあった。それぞれ個性的な内容であり演出手法もまったく違うが、白で統一された衣装とシンプルな舞台により、どこかしら共通の印象を受けなくもない。まあ単に同じ役者だからかもしれないが。

 アトリエセンティオは普通の民家を改造したと思われる小さな劇場であり、その舞台スペースは7人でもいっぱいになるほど狭い。客席との距離も近い。そういう環境も手伝ってか、舞台から紡ぎだされる世界に飲み込まれる感覚は強い。残念ながら比較的後ろの席に座ってしまったが、もし最前列で観ていれば本当に包み込まれる心地良さが味わえただろう。

2010/12/25-19:30
miel(ミエル)「こ こ  ち   り」
アトリエセンティオ/前売券3080円(郵送料込み)
脚本提供:赤澤ムック/上田誠/上野友之/加東航/佐藤久/ほさかよう/本田誠人
出演:柏原直人/齋藤陽介/廿浦裕介/花戸祐介百花亜希/菊池佳南/金崎敬江
照明:榊美香
音響協力:江村桂吾
衣装:恵美秀彦
ヘアメイク協力:水野ゆかり
宣伝美術:采澤聰
テクニカルディレクター:角本敦
制作:塩田友克


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。