2010年10月09日

箱庭円舞曲「気付かない奴は最強」

kidukanaiyatu.jpg


 舞台は社会人サークルを斡旋する団体の事務所。生涯の仲間を得るためと称する出会いイベントを数多く企画しているが、その裏は・・・。

 「明るく楽しいグループだと思ったら実は色々な暗部を抱えていることがじわじわ明らかになってくる」というのは割とよくあるパターンですが、その路線としてはストレート。登場人物もほどよく腹黒くほどよく愚かで、タイトルの「気付かない奴」がほどよくスパイスになっている。

 よくあるパターンとは言っても丁寧に作りこまれており、印象は悪くなかった。小劇場演劇を初めて観る人に勧めるのにもちょうどいいくらいだ。

2010/10/09-19:00
箱庭円舞曲「気付かない奴は最強」
駅前劇場/当日券3300円
脚本・演出・前説・選曲:古川貴義
出演:小野哲史/須貝英/爺隠才蔵/片桐はづき/原田優理子/津留崎夏子/ザンヨウコ/菅原功人/澤田慎司/井上裕朗/古川貴義
舞台美術:稲田美智子
照明:工藤雅弘
音響:岡田悠
衣裳:三木葉子
舞台監督:金安凌平
書生論:山内翔
宣伝美術:Box Garden House
制作協力:林みく


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。