2010年09月12日

表現・さわやか「アラン!ドロン!」

arandoron.jpg

 オムニバスのように様々なエピソードが連ねられていく。最初のシーンで脇役だった人物が次のシーンでは主役になるといった形で、登場人物はゆるやかに繋がっている。主役だった人が他の場面ではどうでもいいような脇役になって出てきたりもする。特定の主人公がいないので、ある意味見やすかった。

 「苦笑系コントユニット」と銘打つだけあって、確かに苦笑だ。爆笑ではなくクククッとした苦笑が多い。だからお笑いが好きな人に自信を持っておすすめとはいかないが、個人的には爆笑コントより好みでもある。

 裏の事情はわからないけれど、舞台を見る限りでは作っている人達自身がとても楽しんでいるように感じられる。その楽しい雰囲気が客席まで伝わってくるのだ。全部ひっくるめて心地良い空間が作品になっており、その場に居合わせて良かったと思う。

2010/09/12-19:00
表現・さわやか「アラン!ドロン!」
駅前劇場/指定席当日券4200円
作・演出:池田鉄洋
出演:佐藤真弓/いけだしん/村上航/岩本靖輝/菅原永二/池田鉄洋/伊藤明賢/佐藤貴史/出口結美子
舞台監督:津江健太+至福団
舞台美術:片平圭衣子
照明:櫛田晃代
音響:田上篤志
衣裳:松本夏記
映像:原口貴光
振付:波多雅子
演出助手:今城文恵
宣伝美術:榎本太郎
宣伝写真:渞忠之
宣伝ヘアメイク:岸田直子・下平あゆみ
宣伝スタイリスト:HALKA
パンフレット編集:小杉厚
票券:宍戸円
制作助手:市川美紀
制作:那須みちの


posted by #10 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。検索でお邪魔しました。

このたび塩野七生氏のベストセラー「ローマ人の物語」が
松本幸四郎さん主演でついに舞台化されました。
幸四郎さんは塩野氏が愛してやまないすぐれたリーダー、
ユリウス・カエサルを演じます。
民衆の声に耳を傾け、次々と変革を打ち出し、若者の熱狂的な
支持を集めたリーダーを人間味豊かに描く骨太の舞台です。

公式サイト
http://play-caesar.jp/

この「カエサル」のゲネプロに、ブロガーさんを
無料ご招待するお手伝いをしております。
(私もブロガーのひとりです)

10月2日(土)17:00〜19:30終了予定
日生劇場(東京・有楽町)
1週間以内にブログに感想をアップしてくださることが条件です。

もしご興味があれば私のブログの管理者のみ閲覧できる
鍵コメントでメールアドレス記載の上ご連絡くださいませ。
(恐れ入りますがお読みになったらこのコメントは削除してください)
Posted by salleana at 2010年09月30日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック