2010年07月19日

sunday「サンプリングデイ」

samplingday.jpg

およそ100人のある一日を5人の役者がサンプリング。
そして、ある一日を超えて、永遠とか、
そういうものに少しでも近づこうとする話。
(チラシより)

 普通の芝居のようにひとつの物語を語るのではなく、ある一日に暮らす膨大な数の人々の生活の断片を切り取って、繋げた作品。

 観賞するのにもある程度の根性を必要とする。一貫した物語はないが伏線は張りまくりなので、終わってどっと疲れた気がした。作品としてどう評価するかは難しい。面白いとか楽しいというのはちょっと違う気がするが、インパクトはあった。

 大きな道路の信号待ちで無数の歩行者が並んでいて、その人達がみんなそれぞれの思考や生活がある、それはすごいことなんだというメッセージは心に残った。劇的な物語などなくても人生はある。

2010/07/19-18:00
sunday「サンプリングデイ」
精華小劇場/当日券3500円
作・演出:ウォーリー木下
出演:赤星マサノリ/平林之英/宮川サキ/井田武志/安元美帆子


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。