2010年05月15日

ムーンビームマシン「ドロテアノヒツギ」

doroteanohitugi_.jpg

そして、童話は盗まれた ──
童話泥棒の罪で封印されたはずの魔女ドロテアが
百年の眠りから醒め、グリムランドの童話が狂いはじめた!

森でお菓子の家をみつけるはずが、ドロテアの復活を目撃してしまった
ヘンゼルとグレーテルは、自称魔法使いのピフ・パフ・ポルトリーと共に
魔女を倒すべく<金の紡ぎ針>を探す旅にでる。

フェアリーテラーと呼ばれる伝説の大魔法使いと
魔法のキャンディで人を惑わす世紀の魔女。その戦いに巻き込まれるのは
わがままな白雪姫に、ガラスの靴が合わない灰かぶり?!

グリム童話の登場人物たちが巻き起こす大冒険!
だけど、こんなグリム童話ありえない?!
世界で愛され続けるおとぎ話たちが今、ひとつの物語になる!!
(チラシより)

 内容は上記の通り。ドロテアによってじわじわと童話が狂っていくのを止めるために奔走するわけですが、狂い方が良くできていました。おなじみのキャラクターばかりなので取っつきやすく、観劇初心者にもお勧めできる、笑いと涙がバランスよく作り込まれた芝居になっていました。見た目はちょっとコスプレ芝居っぽいですが。

 印象に残るシーンも多数ありましたが、中でも灰かぶり(シンデレラ)を探す王子の天然ぶりがものすごく良い味を出していました。

2010/05/15-15:00
ムーンビームマシン「ドロテアノヒツギ」
芸術創造館/当日券2800円
脚本・演出:Sarah
出演:梅田喬/中嶋久美子/Sarah/和田雄太郎/寺本奈央/内海麻有/大塚宣幸/瀬口昌生/松浦由美子/山川優子/黒崎達也/今池由佳/Magician/魅優


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック