2010年05月01日

子供鉅人「たーおーれーるーぞー」

ta-o-re-ru-zo-.jpg

みんな必死です 柱や壁にしがみつき ののしり合うわ ケンカするわ 愛を告白するわ 心の傷をなめあうわ 生きているのがばからしくなるわ 死ぬのもばからしくなってくるわ なぜなら 家がたおれそうだからです
(チラシより)

 子供鉅人のホームグラウンド、谷町六丁目のポコペンでの公演。築100年という長屋の一室は、実際倒れてもおかしくないような風体です。ここはいつ行っても心がなごむ。

 女の子の誕生日を祝おうと仲の良い友達が集まって来る。基本的に仲良しなんだけどちょっと苦手なタイプとか、ヨガとかオタクとか実家の店の手伝いとかホームページに毒のある日記書いてるとか、いい感じの若者たちがきゃーきゃー言ってると、家が揺れはじめる。

 そこから先はまさにたーおーれーるーぞーな状況で必死になって家を支えるわけですが、四畳半ですから、壁際に観客が座っています。もうほとんど観客を押しのけるような勢いで壁や柱を支えます。しかも支えながら愛の告白とかしはじめて、見てる方は楽しくて仕方ありません。

 家が揺れるときは一緒になって揺れようかとホントに思いましたが、他の観客が揺れてなかったのでやめてしまった小心者です。

2010/05/01-15:30
子供鉅人「たーおーれーるーぞー」
ポコペン/当日券2000円
作・演出:益山貴司
出演:BAB/益山寛司/蔭山徹/小中太/キキ花香/益山貴司



posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック