2010年04月23日

シアターシンクタンク万化「ホワイトライ」

whitelie.jpg

鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う。
卵は世界だ。
生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。
異世界異能戦闘活劇
(チラシより)

 飛行機事故の記憶と虚数空間(イマジナリーワールド)での戦い。数学の様々な概念を数術の力として持つキャラクター達が華麗なバトルを繰り広げる。

 ジョジョのスタンドみたいな存在が登場するのでコスプレ的には華やか。ただ2年ぶりの公演のせいか、過去の作品に比べて殺陣が甘くなっていた気がした。武器として持っている小道具が小道具と呼べないくらい大きいので振り回すのも一苦労だと思うが、せっかくの雰囲気が切れの欠けた動きで陳腐化してしまったようでもったいなかった。

 内容はファンタジーなので細かい話は野暮ですが、虚数=イマジナリーナンバーって一般的に理解されてることなんでしょうか?

2010/04/23-19:30
シアターシンクタンク万化「ホワイトライ」
シアトリカル應典院/当日券2800円
脚本:美浜源八
演出:美浜源八とシアターシンクタンク万化
出演:高橋明文/河口仁/大沢めぐみ/有元はるか/長谷川千幸/村井友美/谷口知輝/谷屋俊輔/林裕介/高橋奈々/山崎ゆりか


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック