2010年04月16日

トランスパンダ「君と旅」

kimitotabi.jpg

 どこかの街の小さなカフェ。交通事故で所々の記憶を失った店長。その幼馴染みのお調子者。たまたま客として寄ってバイトすることになった女の子。なぜかコーヒーをいれるのが上手い近所のバーのマスター。穏やかに良い人達の、カフェを舞台にした優しい物語。

 ほのぼのした小品として楽しく観賞できました。シアターカフェNyanはカフェ兼劇場という場所で、私が行くのは今回が初めて。しかし最近はかなり多くの公演で使われているようです。

 恐らく普段はカフェ側に座席が置かれて奥のスペースが舞台になると思いますが、今回はカフェ部分がそのまま舞台になったので、奥のスペースに座席が配置されていました。なにしろ本物のカフェを使っていますから舞台装置は完璧で、役者も自然な演技で良かったです。

 ただ、物語的には途中から色々ファンタジー的な要素やご都合主義的な成り行きが多かった気がします。店長の記憶喪失、マスターのコーヒーの特殊能力、女の子の過去、など自然ではない展開を詰め込みすぎていたのではないでしょうか。それでも観ていて飽和した印象を受けなかったのは、役者と演出が良かったからだと思います。

2010/04/16-19:30
トランスパンダ「君と旅」
シアターカフェNyan/当日券2500円
作・演出:ナカタアカネ
出演:奈須崇/北村守/上原日呂/なかた茜


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック