2010年03月27日

トリコ・A「クリスチネ」

kurisuchine.jpg


 タイトルはイプセンの『人形の家』の登場人物の名前ですが、作品の内容とはほぼ無関係だったと思います。シチュエーションは微妙に関係あるような気もしますが、人形の家をちゃんと読んでいないので語れません。

 芝居は優しい不条理系とでもいうような内容。空き家になっているはずのある部屋に集まった男女4人。ラジオから流れてくる“むちゅうじん”の話を背景に、いずれもどこか変な4人の物語がつづられる。

 “むちゅうじん”を漢字でどう書くのかわかりませんが、人としてダメな感じがむんむんする登場人物たちの、とぼけたやりとりと緩く不条理な空気はとても心地よく観られました。

 結局何がなんだったのか、全然わかってませんが。

2010/03/27-15:00
トリコ・A「クリスチネ」
アトリエ劇研/前売券2000円
作・演出:山口茜
出演:岩田由紀/鈴木正悟/筒井加寿子/仲野毅


posted by #10 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。