2010年03月22日

still life 静物画

stilllife.jpg

 京都芸術センター演劇製作事業「演劇計画2009」のうちひとつとして上演されたダンス公演。パントマイムなら観たことがありますが、コンテンポラリーダンスをちゃんと観るのは恐らく初めての経験になります。

 言葉はなく、音楽や照明も控え目。外の光や音も遮断されていない環境にふらりとやってきたダンサーが、時に個別に動き、時に協調する。バラバラで動いていると、どこまでが予定された動きでどこからがアドリブなのか判然としない。台本(またはそれに準ずるもの)はどんな風に書かれているのだろう?

 ダンサーはさすがに皆とても綺麗な体をしているので、なんでもない動きを見ているだけでもそれなりに感心する。ただ、こういう見方が正しいのかどうかよくわからない。

2010/03/22-15:00
「still life 静物画」
京都芸術センター/前売券2500円
構成・振付・演出:白井剛
出演:青木尚哉/鈴木美奈子/高木貴久恵/竹内英明/白井剛


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。