2010年03月06日

ピースピット「MOTHER」

MOTHER.jpg

母になれなかった少女──小雪
母になる女──つるの

「子が将来何者になるかは未知のことに属する──」
永井荷風(1879.12.3-1959.4.30)
(チラシより)

 タイトルにあるように「母」をテーマとした内容ですが、実際は母になるまで(つまり妊娠期間から出産するまで)の話です。チラシにもウェブにも内容紹介が見当たらないので細かいことは書きませんが、ちょっと天然な主人公の“イマジナリーワールド(空想世界)”が話の大半を占めています。

 空想世界と言っても現実と完全に切り離されているわけではなく、むしろ過去と現在が同居する主人公の内面世界という様子です。キーワードは「子が将来何になるかは未知のことに属する」。

 なんというか、笑ったり泣いたりで顔の筋肉が忙しい観劇でした。脚本と演出の末満氏は男性なのによくこんなテーマで書けるものだと感心します。まあ、刑事でなくても刑事ドラマは書けるんだから同じことかも知れませんが、本物の刑事が刑事ドラマで感動したという話はあまり聞きません。本作ではたくさんの女性が泣き笑いしてました。

 ピースピットの作品は今回を含め舞台を2回とDVDを1回観ただけですが、どれも切ない愛に溢れている印象を受けました。次回作が楽しみです。

2010/03/06-14:00
ピースピット「MOTHER」
シアトリカル應典院/前売券3500円
作・演出・プロデュース:末満健一
振付:山根千佳
出演:前渕さなえ/山浦徹/岡本拓朗/清水かおり/山田かつろう/鈴木洋平/三谷恭子/立花明依/Sun!!/橋爪未萠里/中野裕貴/丹下真寿美/西分綾香/吉田青弘/末満健一


posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。