2010年01月31日

劇創ト社 de ネクタルグン「10人写楽」

10ninsharaku.jpg

時は、江戸の寛政年間。蔦屋重三郎率いる版元「蔦屋」では喜多川歌麿を筆頭に、多種多彩な才能がその腕を競いあっていた。そんな折、突然「東洲斎写楽」なる謎の絵師の浮世絵が売り出され、あっというまに人気沸騰!まさに寝耳に水の「蔦屋」の面々。んなヤツ、誰も知らねーし、「写楽」ってだれよ?丁々発止の写楽佐賀市が始まった!
一方、現代日本では、謎の美術品窃盗集団が暗躍中。狙いは、主に警備の薄い個人所蔵の二級の美術品。が、なにをとち狂ったのか、狙いを「東洲斎写楽」の浮世絵に絞る!何故、危険を冒してまで写楽を狙うのか?疑心暗鬼の強奪計画が発動する。
全く時代の違う二つの集団の物語が、『東洲斎写楽』というキーワードを軸に、コインの裏と表となり、進んで行く。そこに、浮かび上がる真実とは…
(チラシより)

 上手に造り込まれた戯曲と、動きの良い役者陣、適度なアドリブ。小劇場の芝居として実に正統派な演出で、観劇経験の少ない人にも安心して勧められる良作でした。

 舞台装置がシンプルなのに、江戸時代の場面の衣装が豪華なおかげか、貧相な感じはまったくありません。10人という役数は実際は江戸時代と現代があるので20人ですが、覚えきれなくならない適度な数で観やすかったと思います。

 ただ、江戸時代と現代で物語に何か繋がりがあるのかと思って観ていましたが、そういうわけではなかったのが少し残念でした。ラストはちょっとだけ繋がる感じもしますが‥‥。

2010/01/31-13:00
劇創ト社 de ネクタルグン「10人写楽」
シアトリカル應典院/当日券3500円
作・演出:城田邦生
出演:石原正一/木内義一/末満健一/田所草子/那伽けん/永見陽幸/濱本直樹/福山しゅんろう/前渕さなえ/山浦徹/湯浅崇


posted by #10 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。公演情報をご提供いたします。
米国神韻芸術団は2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページをご参考ください。http://www.ticket-online.jp/home/
2010年日本公演スケジュールはこちら:http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3
有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
等など
Posted by tyou at 2010年02月01日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。