2009年11月14日

遊劇体「演劇×世界」

engekixsekai.jpg

3年半振りの新作となります。
書き方はもう忘れてしまったようです。
だから〈描く〉ことにしました。
モノガタリは単純でよいと思ってます。
私は円空仏のような戯曲を、と考えているのです。

山中異界に死者がいて、
夕陽の沈むところにある浄土を臨み、
潮の満ち干とともに〈ニンゲン〉を想う。

それだけでよいです。
〈世界〉は〈ニンゲン〉の魂漂うところ此処其処彼処に在るのですから。
俳優の語り部としての法力を信じようと思います。新たな挑戦です。
(チラシより)

 様々な演劇のエッセンスが絞られた舞踏のような作品。何がなんだかわからないという印象も否めないが、上記のように、描いたと説明されればそうかと思う。

 どうやら様々な出典を持つ戯曲になっているようだが、残念ながら浅学にしてほとんど元ネタがわかりませんでした。マクベスくらいはわかりましたが、ちゃんと色々な古典を知っていれば、もっと楽しめたことでしょう。

 とは言え、何も知らなくても表現と迫力は充分に感じ取れました。この感覚を言葉で説明するのは、いさぎよくあきらめましょう。

2009/11/14-19:00
遊劇体「演劇×世界 世界は恋人たちを愛してい
ウイングフィールド/当日券2800円
出演:大熊ねこ/菊谷高広/坂本正巳/こやまあい/村尾オサム/戸川綾子/あた吉/条あけみ


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。