2009年10月25日

ミジンコターボ「お母さんがゾーマ!」

okaasangazoma.jpg

10歳の誕生日をむかえる少女アスカ。父親がドラゴンクエストIIIをプレゼントとして買ってくるも、母親はアスカの学力低下を心配し大激怒。父と母が大喧嘩。遂に父親は家を出て行ってしまった。残された少女アスカは、現実世界から目を背けるようにドラゴンクエストIIIの世界に入り込んでしまう事に…。日本最年少ニート・アスカが繰り広げるドラクエワールド大冒険活劇!!!
(チラシより)

 ミジンコターボのショートショート。本公演との違いは脚本が片岡百萬両によるという点だそうです(当日パンフより。本公演は竜崎だいち脚本)。で、多分当人の趣味に走ったテーマになっています。

 上記のあらすじにあるように、今回は完全にドラクエネタ。でも私はドラクエをやったことがありません。それでもまあなんとなくRPGの雰囲気だけはわからなくもないので、それなりに楽しめました。でも知っていればもっと面白かったのでしょうね。

 終演後のホールの雰囲気も、演劇というよりイベント会場。出演者たちがDSのすれ違い通信などをやっていました。

 軽いノリの作品らしく、役名もかなり役者の本名。主人公のアスカにしてもそうでした。南雲飛鳥さん、最初ずいぶん若い役者だと思ったらどうやら子役のようです。さすがに10歳ではないようですが、こんな歳から舞台に立ってる人って、将来どんなふうになるのでしょうか。

2009/10/25-15:30
ミジンコターボ「お母さんがゾーマ!」
シアトリカル應典院/当日券2500円
作・演出:片岡百萬両
出演:片岡百萬両/山口いずみ/竜崎だいち/川端優紀/Sun!!/後藤啓太/南雲飛鳥/山田将之/井田武志/真心/吉田青弘/花田綾衣子/ナカバシマリナ


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック