2004年12月11日

カリフォルニアバカンス「ネムリタ」☆

 料理教室に通うつもりでカルチャーセンターを訪れた風呂井は、間違って催眠術教室に入ってしまう。ちょうどそこへ雑誌の取材に来たウタに講師と勘違いされ、頼まれるまま適当に催眠術をしてみたら、6年も不眠症だったウタが見事に眠ってしまった。そして奇妙な面々に翻弄されながら、少しずつ二人の距離は縮まっていく。

 面白かった。基本的にナンセンスなギャグが中心だが適度にシリアスな展開を織り交ぜてバランスが取られており、素直に引き込まれた。久々に当たりだった。

 もとは大学で結成された劇団だそうだが、5年で11回目の公演とのこと。まだ若い役者ばかりだが、技術的な未熟さを感じる面はほとんどない。強いて言えばセリフをかむことが少しあったが、どの役者もいい声でよく通って聞きやすく、全体に心地よい舞台を味わうことが出来た。

 田中美穂演ずるウタや横川ひとみ演ずるカシエのような、美人の変人は好み。驚きの表現で上段回し蹴りが決まったときは感動ものだった。次は来年7月とのこと。是非行きたいと思う。

2004/12/11-14:00
カリフォルニアバカンス「ネムリタ」
アイピット目白/前売券2500円
作・演出:池里ユースケ
出演:大口達也/田中美穂/阿部純三/石田真一/塩田良平/室野尚武/宮健一/清水智香子/横川ひとみ


posted by #10 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。