2009年05月16日

月曜劇団「どうでもいい結社」

doudemoiikessha.jpg

 登場人物は謎1・謎2・謎3・旅行者・テンシ・テンコ・男・女。テンシとテンコが謎の3人を目覚めさせ、旅行者を導き、男と女がそんな会話をする。謎の3人はどうでもいい議論を繰り返す。延々と。

 あらすじも何もないチラシでも観に行ったのは、この劇団の作品にあらすじなどあってないようなものだということが前回公演から想像できたから。案の定その通りだったけれど、それでもちゃんと結末らしい結末は迎える。

 タイトルの通りどうでもいい内容に見せかけて、実はそんなにどうでもよくないテーマを扱っている。後から考えれば途中で気づきそうな彼らの正体に意外と気づかないのは、多分どうでもよい会話にまんまと乗せられていたからだろう。

 予約特典のおまけはやっぱりどうでもいい物だけど、深い意味が隠されていると思い始めるとそんな気がしてくる物だった。

2009/05/19-15:00
月曜劇団「どうでもいい結社」
in→dependent theatre 1st/前売券2300円
脚本:西川さやか
演出:上原日呂
出演:上原日呂/西川さやか/ヤマサキエリカ/大沢めぐみ/笠江遼子/片岡百萬両/花田綾衣子/幸野影狼


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。