2008年11月15日

超人予備校「フルーツ大コウモリがくる」

 描かれるのは“都会の片隅でおこなわれているカラスとネズミの勢力争い、害獣日本一決定戦”(チラシより)。

 と、それとは全然関係ないフルーツ王国の物語。

 むしろ後者の方が圧倒的に面白かったけれど、多分作り手の気持ちとしてもそれでいいんじゃないかと思われる。衣装もずっと凝っていたし。

 全体的に漂う雰囲気は学芸会的で、最初は失敗したかなーと思いながら観ていましたが、途中からそのノリに馴染んでくるととても楽しい観劇になりました。小劇場はこれでいいんだと思う。

2008/11/15-19:30
超人予備校「フルーツ大コウモリがくる」
in→dependent theatre 1st/当日券2100円
作・演出:魔神ハンターミツルギ
出演:上別府学/山名伸右/流石鉄平/中川琴乃/日枝美香L/尾松由紀/三月/魔神ハンターミツルギ/うべん/なかた茜


posted by #10 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックさせてもらいました。

突然すみません。
Posted by きんぴら at 2008年12月13日 05:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モヤモヤ
Excerpt:  最近見つけたブログ「#10の観劇インプレッション」一文を借ります『超人予備校「フルーツ大コウモリがくる」』より抜粋「・・・全体的に漂う雰囲気は学芸会的で、最初は失敗したかなーと思い..
Weblog: 王様は裸だ!と叫び続ける〜続・劇団「1/0計画」のたわごと〜
Tracked: 2008-12-13 05:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。