2008年11月01日

空の驛舎「KOSMOS」

探偵小説とは、混沌(カオス)に秩序(コスモス)を与えて組織するあるひとつの試みである。
(チラシより)

 冴えない探偵とその助手。
 田舎の原っぱで見つかった死体。
 居合わせた人々、推理?、捜査?、証言?

 粗筋を上手に書くのは困難なタイプの作品で、実験的とでも言えば良いのだろうか。舞台の奥には客席と向かい合うようにダミーの客席が組まれており、登場人物は時折そこに戻っていく。探偵たちは事件の起きた空間とは別の次元にいるようで、事件を語っているのかどうかすらわからなくなる。

 事件を解き明かすべく話が展開していくのではなく、事件をとりまく登場人物たちの姿と言葉を材料にしたコラージュを仕立てているような舞台だった。

 そう思って観ればそれなりにアートなものではあるが、正直言ってこちらの頭の中にカオスを植え付けられた感じ。

2008/11/01-19:30
空の驛舎「KOSMOS」
アイホール/当日券2700円
作・演出:中村賢司
出演:三田村啓示/津久間泉/塚本くるみ/高橋理紗/石塚博章/中村京子/幸野影狼/佐々木淳子/辻登志夫/橋本健司



posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。