2008年10月25日

満月動物園「ツキノアバラ」

四姉妹の穏やかで幸せな生活は、突然の火山噴火によって失われた。
閉ざされた島、家族の離散──。
近づけば蘇ってしまう優しい想い出と忌まわしい出来事‥‥。
同じ街で離れて暮らす四姉妹を、街で頻発する謎の連続変死事件がたぐり寄せる。
変死事件の真相、突如姿を消した兄 楸の行方、そして島で起きた真実とは
あの日、墓に掛けた鈴の音が満月の夜に響く時、四姉妹の止まった時間がゆっくりと動き出す。
ついに十五夜を迎える満月動物園が紡ぐ「暗黒の若草物語」
(チラシより)

 十五夜ということで気合いの入った公演。作品は全面改定の再々演とのことですが、私は初見。私としては珍しく先行予約で最前列中央寄りというベストな席を取ったので、まるで自分一人で観劇しているような気分で、強いインパクトを味わうことができました。

 登場人物21人、裏があったり秘密があったり皆どこか暗い影を持っているわけですが、どの人物にでも感情移入したくなるような魅力がありました。一番影がなさそうだった人が実は‥‥というのもドロドロに美味い。

 in→dependent theatre 2ndを裏側から使い、オープニングでは広い花道に自然光を取り入れた演出で一気に芝居空間に引き込まれます。全般に照明効果の使い方が巧みなのは以前観た時と同様。

 休憩ありで3時間越えというのは、個人的な好みからしたら長いです。中盤少し疲れてぼーっとなりました。でもラストはもちろん食い入るように没頭して、「演劇を観た!」という実感がたっぷり得られるお腹いっぱいな公演でした。

2008/10/25-13:00
満月動物園「ツキノアバラ」
in→dependent theatre 2nd/前売券2500円
演出・脚本:戒田竜治
出演:サリngROCK/河上由佳/諏訪いつみ/重田恵/上原日呂/片岡百萬両/近藤ヒデシ/誉田万里子/ヤマサキエリカ/たなかひろこ/原典子/今井康平/みず/西川さやか/昇竜之助/笠江遼子/殿村ゆたか/辻千香/櫟原将宏/南田吉信/デカルコ・マリー


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。