2008年09月27日

sunday「ニューデリーの恋人たち」

どうしても出会えない二人がいる。
聖書に爆弾を仕掛けて世界を旅する男と、ショッキングピンクの血が流れてると信じてる女が、雨のニューデリーで延々とすれ違う物語。sundayほぼオールキャストとゲストに売込隊ビームの小山茜、二人の子役を迎えて贈る、本物の愛について嘘っぽく語るラブストーリー。
マンションの一室。夜10時25分。子供たちは母親の帰りを待っている。二人はレトルトカレーをそのまま食べる。外では雨が降り始める。ヒッピー風の男女は、レンタカーでニューデリーを目指している。彼らは牛を轢いてしまう。探偵と犬は、舌を出しながらふらふらと街を彷徨っている。レズビアンの売春婦はホテルのロビーで問題を抱えている。サーカスのこびとは、小さい頃に夢見た桃源郷を探している。そして、主人公はまた別の二人。二人はお互いを求めている。この広い世界から相手を見つけ出すことが人生のすべて。しかし決して出会うことはない。なぜなら‥‥。
ラブストーリーといいながら、なかなかラブにならない男女のエピソードの数々が、まるでひとつの部屋の中で起こっているかのように描く意欲作。
「ニューデリーの恋人たち」───インドでは不思議なことがわりと起こる。
(チラシより)

 チラシの説明が秀逸なので全文引用してしまいました。まさにこういう話でした。

 たくさんのエピソードが最後は収束するのかしないのか、どういうタイプのラブストーリーなのか、単なるナンセンスなのか完全な不条理劇なのか、ハッピーエンドなのかそうじゃないのか、どうなるのかまるで予測不能な物語が目まぐるしくサイケデリックに続きます。なんとも奇妙な世界に飲み込まれるように観劇できました。

 ハチャメチャな感じのする舞台ですが、振り返ってみればじっくり作り込まれていました。二人の子役がとても良い感じなのを始め、主役も脇役もそれぞれバランスよくキャラを発揮して、全体として巧みに世界を描いていたと思います。

2008/09/27-19:00
sunday「ニューデリーの恋人たち」
HEP HALL/前売券3500円
作・演出:ウォーリー木下
出演:赤星マサノリ/小松利昌/平林之英/宮川サキ/井田武志/安元美帆子/吉陸アキコ/椎原小百合/小山茜/山川卓也/後藤花怜/服部まひろ/竹内宏樹/若旦那家康/西村朋恵


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。