2012年06月24日

劇団あおきりみかん「湖の白鳥(しらとり)」

mizuuminosiratori.jpg

調子乗っちゃう?
白鳥は、圧倒的な自身を持っている。
白鳥は、何者にも負けない才能を持っていると信じている。
白鳥は、世の中は俺のものだと思っている。
白鳥は、世の中の女は多かれ少なかれ俺に惚れてると思っている。
白鳥は、在庫整理のエキスパートだ。
白鳥は、とうそう船上パーティを開くことにした。
白鳥は、どうなってしまうのか?
(チラシより)

 一人で湖の遊覧船に乗っている男。その名前が白鳥(しらとり)。なんだかセレブのようなことを言ったりするが、その実は何もなしていない。彼がそれまでの人生で出会った人々がたくさん現れては去っていく。

 ドタバタ喜劇的な演出で楽しめたが、描かれている内容は結構シリアスなもので、引きこもり気味なダメ人間の一念発起といった所だ。登場人物は多いけれど、現実に彼らが船上に現れるはずはないので、実際はほとんど彼のモノローグ、あるいは妄想なのだろう。

 ミュージカルとは言うが、突然歌い始めるスタイルをギャグ的に扱っているなど、どこまで本気でミュージカルにしたのか定かではなかった。半分はパロディだろう。

 主人公が一人で湖の真ん中まで行って何をするのか、ひょっとして自殺?などと思わせて、ラストの仕掛けには驚かされた。最後に水着に着替えた主人公は、そこで飛び込んで岸まで泳ごうというのだ。船のセットの手前には湖面を表す青いシートが敷いてあるのだが、飛び込む場面をどうやって表現するのかと思ったら、なんとシートの下に本物の水を張ったプールが隠されていて、そこにドボン!

 まさかの直球演出に意表を突かれて思わず声をあげてしまった。

2012/06/24-17:00
劇団あおきりみかん「湖の白鳥(しらとり)」
シアターグリーン BOX in BOX THEATER/当日精算2800円
作・演出:鹿目由紀
作曲:ノノヤママナコ
出演:松井真人/木村仁美/手嶋仁美/山内庸平/花村広大/山中崇敬/近藤絵里/カズ祥/篠原タイヨヲ/中元志津/正手道隆/木下佑一郎/みちこ/川本麻里那/フタヲカルリ/松野有加里/松井純子/とみィ/鹿目由紀
続きを読む:スタッフリスト


posted by #10 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団競泳水着「Goodnight」

goodnight.jpg

その夏の夜、店にはいつもより少し多くの人間が集まった。
    
共に夢を見た仲間。
かつての恋人たち。
思いがけぬ訪問。
新しく始まる恋。

今夜が終わるまで、もう少しだけ話をしよう。

生きていくことは可笑しくて物哀しくて、愛おしい。
劇団競泳水着がお届けする夏の一夜の群像劇。
(チラシより)

 就職と転勤で辞めるバイトの送別会に集まった面々の、一夜の物語。それぞれがレストランを経営する兄弟を中心に、一緒に働いたり遊んだりしてきた仲間たちの、時に喧嘩しながらも愛情に満ちた人間関係。登場人物の数はかなり多いのだが、キャラがくっきりしており、決して無駄な人数ではなかった。

 誰が主役というわけでもなく、誰にでも感情移入できる。悪い人がいない。致命的ではないが困った状況に直面し、あたふたしながらみんなで解決していく。大きな結末があるわけではなく、穏やかに日常に帰っていく。こうやって書くとあまりにも優等生な脚本のようだが、実際良くできていて、それでいて面白かった。

 オーナーを補佐するシェフを演じた黒木絵美花がとても素敵だった。彼女は常に笑顔が張り付いたような顔であまり表情が変わらないのだが、わずかな振る舞いで巧みに感情表現する。ばつの悪そうな時、からかうような時、凛として挑む時、等々。

 間違って招待されてしまった元塾講師役の菅野貴夫もいい味を出していた。この人の役は何事にも動じず我が道をいくタイプなのでそもそも感情の起伏も少ないのだが、その落ち着いた様子が面白くて良かった。

 とにかく、観ていて居心地の良い舞台だった。あんな店が近所にあったらぜひ常連客になりたい。

2012/06/24-13:30
劇団競泳水着「Goodnight」
王子小劇場/劇場支援会員
脚本・演出:上野友之
出演:大川翔子/川村紗也/阿久澤菜々/岡田あがさ/菅野貴夫/黒木絵美花/澤田慎司/篠原彩/瀧川英次/竹井亮介
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

タカハ劇団「ネジ工場」

nejikoujou.jpg

そこは未来の日本の町工場。

未来といっても、
そこに広がる光景は我々になじみある、
むしろどこか懐かしさを感じさせるものである。
その工場で働く三兄弟。
そのネジが何に 使われているのか、
 三人は知らない
(チラシより)

 三兄弟がギリギリ運営する田舎の工場に、ある日突然、腹違いの妹だと名乗る女とその彼氏がやってきて、工場をよこせと言う。

 人情芝居的な雰囲気だが、「アレ」で次々と人が死んで喪服をしまう暇もなく、申請書を作って補償金を得て生活したり遠くへ移住を考えるなど、“汚染された土地”をイメージさせる表現が多々あった。直接的に原発の話が出てくるわけではないが、控えめながら重く問いかけてくる印象を受けた。

 ただ物語にとってそれは背景に過ぎない。見所は三兄弟の掛け合いと、自称妹のツンツンぶりと彼氏のクズっぷり、そして(クロムモリブデンの板倉チヒロ演ずる)運送屋のすっ飛び具合だろう。あくまでも背景は背景として飲み込んだ上で、その世界に生きる人々を見守るように観劇した。

 途中で何カ所か展開が飲み込めない部分もあった点と結末がいまいち飲み込めなかったのが難点だが、それ以外はよくできた作品だったと思う。

2012/06/23-19:30
タカハ劇団「ネジ工場」
駅前劇場/当日清算3600円
脚本・演出:高羽彩
出演:有川マコト/夏目慎也/山口森広/かんのひとみ/大佐藤崇/板倉チヒロ/春日由輝/水谷妃里
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江古田のガールズ「笑の神様」

warainokamisama.jpg

笑い死にさせてやる。
(チラシより)

 前半はそんなに笑えないコメディーかと思っていたら、途中から予想外の方向に進展していく。実はコメディではなくホラーというかスリラーというか、怖い話だった。自分はこの劇団を観るのは初めてで軽いノリのお笑い演劇かと思っていたし、観客も多くはコメディのつもりだったのではなかろうか。

 その裏切りは評価に困るが、作品の出来としてはかなり良かったと思う。演劇の話や劇団員が登場するけど決して内輪受けではなく、真正面から取り組んだ内容だった。全然笑えないけど、「笑の神様」というタイトルに恥じない舞台だったと思う。

 事実上の主役を演じた才勝誠司がすごかった。初めて見た役者だが、また見たいと思う。

2012/06/23-14:00
江古田のガールズ「笑の神様」
シアター711/当日清算3000円
脚本・演出:山崎洋平
出演:小林光/荒弓倫/三軒茶屋ミワ/伊藤聖子/猪股和麿/おだじ/川屋せっちん/才勝誠司/坪内守/矢田一路/熊野利哉
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

ひげ太夫「雷神ウツボ」

raijinutubo.jpg

ひげ太夫、シルクロードへ行く!
「ええい、井戸をよこせ!わはははは」
ボンジャ大王がひげを捻れば
猛毒サソリも縮みあがる。
「しええ、この村ももう終わりじゃ」
「じいちゃん、待って。あれ見て!」
ヒリヒリかわいた砂漠の空に
もわりこ、もわりこ雷雲が湧き上がる。
神出鬼没の雷神ウツボ!
この村守るぜ、ただし飯食ってからだ。
ゴロピカドシャーン!

'08年の人気作、パワーアップして再び登場!
どどーん!
(チラシより)

 再演ということもあり、ひげ太夫の作品として特に目新しい要素はないが、出し物芝居のワクワク感は安定の域。今回は子供の団体が来ていたので上演中に騒いだりしないか心配したものの、始まった途端にすっかり引き込まれた様子で、まったくの杞憂だった。

 ひげ太夫の物語はいい意味でワンパターンだ。悪い奴に苦しめられている庶民を流れ者の主人公が助ける。やっつけられた悪者も最後は心を入れ替えてめでたしめでたし。どうせいつもこのパターンなんだから、いっそ脚本は変えずに組体操を進化させていってもいいんじゃないだろうか。さすがに毎回同じ話では飽きられるから3つか4つのレパートリーを繰り返す感じで。

 観たことのある演目が繰り返されれば、他人にも勧めやすいのです。

2012/06/17-14:00
ひげ太夫「雷神ウツボ」
Geki地下Liberty/当日清算3500円
作・演出 :吉村やよひ
出し物師(出演者):吉村やよひ/成田みわ子/永井ひとみ/林直子/鈴木子/中野彬子/東海紗希/伊藤貴子/中村まゆみ/平石祥子
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ロ字ック「鬼畜ビューティー」

kichikubyu-thi-.jpg

「私、姉は嫌いです。いつもヘラヘラしてて、重くて地味でつまんなそうで。」
―私はアイドル。なりたくてなったけど、空っぽのアイドル。

「私、妹は嫌いです。いつも話の中心で、適当でわがままで自己中で。」
―私は先生。なりたくてなったわけじゃないけど、正義の先生。

妹は保守的な姉が生理的に嫌いで、姉も自由奔放でセックスフリーな妹に軽蔑の念と、ほんの少し憧れを抱いている。ひとつの部屋に同居している、売れないアイドルと男を知らない中学校の教師。 ふたりは姉妹で、どちらにせよどうしようもない。

「女の童貞はこじらせると男のそれより、質が悪い」

今作は、そんな選ばれない姉妹のお話。 乱雑な玄関、隣り合わせの部屋。うんざりだ、こんな生活。
(チラシより)

 主にセックスについて全く異なる生き方をしてきた姉妹。高校教師の姉は堅物でグラビアアイドルの妹は奔放。同居してるので必然的にぶつかるわけだが、姉の方があるきっかけで暴走を始める。(ちなみにこういう場合は真面目だった方が奔放になっていくのが普通で、この作品もそうだが、逆のパターンはあり得ないのだろうか)

 恋愛や子供の教育に関して“女”の汚い面をこれでもかこれでもかと叩きつけるように次々提示する舞台で、男としてどういう態度で臨めば良いかわからなかった。とは言えこっちがどんな態度だろうと向こうには関係ないので、深く考えずに楽しむ姿勢で観劇することにした。

 オープニングで使われた川本真琴の曲は私の学生時代にヒットしたもので、女子高生の「お母さんがカラオケでいつも歌ってる!」というセリフはちょっとショックでありつつ、十数年前だからさもありなんとも思いつつ。

 その女子高生たちも(演じてるのは本当の高校生ではないのだろうけど)いかにも駅で騒いでいそうなうるさいやつら。音楽を爆音で流して喧騒を作り出す演出はよくあるが、登場人物のおしゃべりだけで耳がワーーーンとなるほどのパワーに圧倒された。あの子たちすごい。

2012/06/10-17:00
ロ字ック「鬼畜ビューティー」
サンモールスタジオ/当日清算2500円
作・演出:山田佳奈
出演:川原真衣/山田佳奈/小野寺ずる/堂本佳世/竹田有希子/長瀬良嗣/松浦智美/川船敏伸/白石量子/寺尾みなみ/轟もよ子/葉湖芽/山田麻子
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流山児★事務所「さらば、豚」

sarababuta.jpg

…豚は夢を見る…
炭鉱跡の養豚場で豚の世話をしているのは敵対している二組のヤクザ達。
ある日、養豚場から豚が一匹残らず消えた。
二組のヤクザは互いに相手の仕業だと争う。
消えた豚を追っかけてヤクザ達が迷い込んだ先は、不気味な廃炭坑。
閉じ込められたヤクザ達に、闇の奥から忌まわしい唄が聞こえてくる…
それはヤクザ達にとって忘れられない弔いの唄であった。
(チラシより)

 久々に骨太な芝居を観た。炭鉱、労働争議、ヤクザ、豚・・・。泥臭くて汗まみれで埃っぽくて血なまぐさくて、完全なる漢(おとこ)の芝居だ。迫力満点、最初から最後までワクワクしながら楽しめた。さすがである。

 「由緒ただしきアングラ舞台」ということで突然踊り出したりする。たまたま最前列の中央近くで見ることができたのだが、そのうち舞台から何かが飛んでくるんじゃないかと思うほどの臨場感を楽しめた。

 最近はこういうタイプの芝居をする劇団は少なくなったように思える。仮にやっても若い人の多い劇団ではこの濃い味が出せないだろう。そう考えると貴重な団体であり、観続けたいと思う。

 ただ不思議なことに匂いはなかった。ビジュアル的にはとんでもなく臭いはずなのだが、さすがにそれは演じられなかったか。あの距離なら役者の汗の匂いが漂ってきても不思議はないのだが。

2012/06/10-14:00
流山児★事務所「さらば、豚」
ザ・スズナリ/当日清算4200円
原作:東憲司
演出:流山児祥 
出演:若杉宏二/佃典彦/保村大和/丸山厚人/今村洋一/イワヲ/木暮拓矢/冨澤力/本多一夫/塩野谷正幸
続きを読む:スタッフリスト
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

15 Minutes Made vol.12

15mm_11.jpg

15mmスケールの演劇地図
前回開催から1年以上の間が空いてしまいましたので、改めて確認をさせて頂きます。
6つの団体が15分ずつの短編を一度に上演する『15 Minutes Made(フィフティーンミニッツメイド)』は、我々Mrs.fictions(ミセスフィクションズ)が主催する、およそ2時間(アフターイベント含む)の演劇イベントです。『15mm(ジュウゴミリ)』とか『15分のやつ』の呼び名でご愛顧いただき早5年、今回は「地図」をイメージコンセプトと捉え、狭いようで広大な小劇場世界を迷わず照らす羅針盤の如き充実ラインナップで皆様をお待ちしています。6月初旬、是非池袋までお越し下さいませ!
(チラシより)

 6つの団体が15分の小作品を上演するショーケース公演の12回目。今回の参加団体は主催のMrs.fictionsの他、月刊「根本宗子」、宗教劇団ピャー!!、MCR、あやめ十八番、梅棒。このうちMrs.fictionsとMCRは観たことがあるが他の4団体は初見。ただしあやめ十八番は一人芝居で作・演出・出演の堀越涼は先日の北京蝶々に出演していたのを観ている。

 6団体を比較する企画ではないことは承知の上だが、無意識に比較してしまう程度に力量の差があった。秀逸だったのはMrs.fictionsとあやめ十八番。梅棒はちょっとジャンル違い(ダンスミュージカル?)な印象。宗教劇団ピャー!!は何をしたいのかわからなかった。

2012/06/09-19:00
Mrs.fictions「15 Minutes Made」
シアターグリーンBOX in BOX THEATER/当日清算2500円

月刊「根本宗子」「工藤、笑って!」
作・演出:根本宗子
出演:梨木智香/根本宗子/小西耕一/加藤岳史

宗教劇団ピャー!!「lovvvvvvvv∞vvvvvvvve」
作・演出:塚田朋揮
出演:今泉わき/今泉恵美子/新谷容子/安藤尚之/大日向祐美/鈴木はじめ/橋本和瑚/木村暉/畠山美玖/法月順一/佐々木綾子/高橋衝平/村田茉未/壁村幸太郎/久田紫萌子/佐藤正美/金城さおり/野呂健一/豊川弘恵/黒谷彬仁/船井伊智子/中居崇/清野愛子/塚田朋揮

Mrs.fictions「お父さんは若年性健忘症」
作・演出:中嶋康太
出演:岡野康弘/小見美幸/長谷美希

MCR「散々無理して女だった、女だったのに」
作・演出:櫻井智也
出演:小椋あずき/佐賀野雅和/櫻井智也

あやめ十八番「八坂七月 諏訪さん九月」
作・演出・出演:堀越涼

梅棒「キック・オフ!!」
総合演出:伊藤今人
振付:梅棒
出演:伊藤今人/鶴野輝一/塩野拓矢/櫻井竜彦/楢木和也/飯野高拓/大村紘望/野田裕貴/Acchan/橋口雄樹/西野正崇
posted by #10 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホチキスbeauty「看板娘ホライゾン」

kanbanmusume.jpg

客が全く来ない饅頭屋「金蝶堂」。父が饅頭を焼き、次女が無愛想に店番。母は一家を食べさせるため働きに出て、長女は引きこもる。そんな金蝶堂に、自らを看板娘プロデューサーと名乗る謎の女性がやってくる。看板娘を生み出し、起死回生をしてみせると宣伝するのだが…。
(チラシより)

 プロデュース公演とのことでホチキスの団員は少なく、また演出も米山さんではないということでいつもと違う作風になるかと思われたが、特に大きな違いは無く、ホチキスらしい舞台だった。ホチキスと言えば常に強烈な印象の小玉久仁子がいなかったためか、むしろ登場人物のバランスがよくなっていたようにも思った。

 いつもなら小玉久仁子が演じたであろう「看板娘プロデューサー」を担った丹野晶子は、また独特の空気で面白かった。全体にほぼ無表情で言葉も棒読みっぽいにもかかわらず、どこか押しが強い。ややぽっちゃりした体形とあいまって、次は何をしでかすのか予想できないオーラを放っていた。初めて見たのでどこまでが役作りなのか判別できないが、また見てみたい役者だ。

 物語は若干砂利塚アンリミテッドに似ていたような気がするが、楽屋落ち的にちょこっと出てきた。その時の観客の反応から、ああみんな観てるんだなと思われ、変な意味での一体感があったり。途中少しだけ間延びしてるように思われる部分もあったが、笑って泣いて楽しめる100分だった。

2012/06/09-14:00
ホチキスBeauty「看板娘ホライゾン」
王子小劇場/当日清算3500円
作・総合演出:米山和仁
演出:木内コギト
出演:丹野晶子/丸尾みゆき/椎名琴音/中村真沙海/齊藤美和子/谷仲恵輔/西川康太郎/山本洋輔
posted by #10 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。