2005年11月28日

零式「ブリキ・ゴーレム」☆

 マンションの一室、二人でパズルをする男女。男の左手は麻痺して動かない。何故かと言えば殴ったから。何を殴った? 下手なマッサージ師の弟がブリキのロボットを持ってくる。彼はそれを自分の神様「ブリキ・ゴーレム」だという。男がそれを置いて去った後、女はブリキ・ゴーレムに命令する「あの人の‥‥!」

続きを読む


posted by #10 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

劇団シアターガッツ「ラストインディーズ」

 刀が鉄砲に制されていく時代、ある国が西国の驚異にさらされていた。背中に弁天の彫り物を入れた素浪人が子供たちとチャンバラに興じている頃、西国と一戦交えようとする勢力と和睦を唱える勢力がお城で対立を深めていた。やがて鍛冶屋がある新兵器を開発し、開戦派はそれを頼りに戦を起こそうとするが‥‥

続きを読む
posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

タテヨコ企画「まつりのあとのまつり」

 三兄弟の次男の結婚式の夜、兄弟が久しぶりに実家へ集まった。すでに結婚している三男と、いつまでもフラフラしている長男。彼らの従姉妹と、長男の同居人女性。そして長男の不審な友人たちが現れて‥‥。日常的な光景と非日常的なエピソードが織り交ぜられつつ、時が流れていく。

続きを読む
posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京観劇1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。