2003年06月22日

よこしまブロッコリー「Parade」

 会社の金を使い込んだ真城と山崎は、南米で誘拐団に入っていた狭間と共に社長令嬢の誘拐を試みるが、奇妙な売人やうっかり誘拐してしまった女に翻弄され、目的は遠のいていく。
 名前はよく目にしましたが初めて観た劇団。前半はやや間延びした感じがしましたが後半は緊迫感のある場面がテンポよく進みました。


posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月15日

試験管ベビー「ヤッてない!」

 マンションの隣の住人を殺した容疑で逮捕された主人公。無実を訴える彼と、あらゆる手段で自白させようとする刑事たち、彼を信用しきれていない恋人などが警察を舞台に激しく立ち回る。
 客席参加企画は今回も健在。回を重ねるにつれて下ネタが激しくなってる気がしますが、妙なさわやかさに圧倒されます。芝居というよりコントに近いエンターテイメント。ノリノリでした。
posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月13日

劇団帰空管「アスカ」

 飛鳥時代の日本。大化の改新から壬申の乱に至るまでの天皇家を巡る権謀術数の数々と、それに巻き込まれ翻弄される大友と明日香の双子の運命。
 史実を基にオリジナルな展開を交えて構成された、帰空管おなじみの歴史もの。ここの芝居は歌舞伎で言えば見えを切るような場面が多いのだが、今回は特にほとんどがそんなシーンで埋まっていた気がする。かっこいいのだけれど、少し疲れました。
posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月07日

劇団あおきりみかん「ときはかねなり」

 妹の結婚に伴って家を出ることにした現介は、引っ越し準備中に突然段ボールの中に吸い込まれる。出てくるとそこには結婚をやめると行って飛び出す妹がいたが、それは少しだけ未来の世界だった‥‥。
 今と未来と過去が交錯する物語の中で役者はそれぞれの自分を演じるわけですが、ぎりぎりで自分とすれ違う時の早変わりは見事でした。かなり体力勝負な舞台でしたが、熱演に拍手。
posted by #10 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。